保育士の転職理由のひとつらしい

保育士さんが大事にしていることはいろいろあるでしょうが
基本的に保育士さんは子ども達に毎日笑顔で健やかに
保育園で過ごしてほしいと思っているんではないでしょうか
 

保育園のまわりに緑が豊富だったり、近くに大きな公園があったり
大きな川が流れていたりなどの素晴らしい環境がまわりにあれば
いいでしょうが、なかなかそういう訳にはいかないのが実情です
 

子どもはとにかく歩かせることが大事だと
いろいろな保育士さんが言っておりました
まさにその通りで歩くことで、脳は発達しますし
もちろん体の発達も促されます
 

よく本などに砂場遊びはさせましょう!
というのをよく見かける影響か、砂場で遊ばせる親をみますが
砂遊びと同じように、散歩をさせることをお勧めします
 
マンションの一室やビルのテナントに入っている保育園では
(特に東京や横浜などに多いようですが・・・)
一日に2回散歩に行きます!と保育士の求人を見かけたときに
書いてありましたが、その試みはいいなと感じましたね
 

遊ばせてあげるスペースがなければ自分たちで外に行くと
案外、園庭のある保育園に通っている子どもより
発育がすすんでいるのかもしれませんね

 
保育士求人

保育園の食事

保育園はほとんどが給食となっているようですね
 
給食はあった方がいろいろな意味で良い事だと思います
もちろんカロリーのバランスもちゃんと計算して作られていますし
家では食べない食材などもでてくるので
好き嫌いをなくすこともできるのではないでしょうか
 

お弁当だったら、毎朝、早起きして作ったり
持ち帰ってきてから洗わなくてはいけないので
そういった事に取られる時間もなくなりますよね
 
保育園に入っているということは共働きでしょうから
朝、お弁当の用意まではかなり大変になってしまいますから
保育園は基本給食となったんでしょうね
 
家で食事するのとは違うので、団体生活での食事のときのルールなども
同時に学ぶこともできますからね
 

給食も、いろいろと工夫してくれているようで
キャラ弁のようにキャラクターをかたどったりしてくれる事もあるようです

また、保育園の園児への給食って
わざとそんなにメニューを増やさないようにしていると聞きました

好き嫌いをなくすために2週間にで1サイクルみたいな感じでまわしているようです
 

3時のおやつにも、おにぎりなどを出してくれたりするみたいですし
いろいろと工夫してくれているみたいですので
安心してお任せすることができますよね

保育園にも送迎バスがあったら

幼稚園の送り迎えのバスってどんなバスですか?
 
会社に来る時に、幾つかの送迎バスとすれちがう時があるのですが
普通のマイクロバスがほとんどなのですが
その中の一つの園は日替わりで送迎バスが代わり
キャラクターが前面に押し出されたバスがあるんです
 

どんなキャラクターというと、子どもから大人まで大好きな漫画で
毎週金甌日の夜7時からアニメが放送されている
番組のメインキャラクターです
つまり、お腹に不思議なポケットがついている青い猫です
 

当然、使用料などは払っているのでしょうが
どれくらいの金額を払っているのでしょうか?
 
まさか、無断で使用しているとは思えませんからね
その料金ってどこから払われているんだろうと心配してしまいます(笑)

 
送り迎えのバスがキャラクターのバスだったら
そこの園に入りたいって子どもは言いそうですよね(笑)
 
でも、本当はバスで選んだりするより
現場の先生の質や保育内容を考慮して選びたいって
親なら誰でも思いますよね

 
保育園には送迎システムがないのはしょうがないですが
保育園から離れている親からすると毎日の送迎はやっぱり
大変ですよね

保育園も当然給食ですね

保育園ではほとんどが給食なのではないでしょうか?
 

ちゃんとした栄養管理がされているので
親にとっては、早起きしてキャラ弁をつくるなどの
手間がかからないなどのこと考えると
一石二鳥ともいえるのではないでしょうか?
 

保育士さんも同じように給食だと、安い料金で昼食が食べられ
作ってくる手間が省けるので、とても助かるということを聞いたことがあります。
 
保育園を運営する母体によって異なりますが、最近では食育に力を入れていて
契約農家から野菜を運んできたり、自社で畑を持っていて
そこで作った野菜を運んできたりする保育園もありますし
母体の会社が別事業で、給食のサービスを行っている企業などもあるので
本当に安くてたくさんの量を食べることが出来るなんて話を聞いたことがあります
 

お弁当を持っていくとなると、保育士さんも親も早起きして
お弁当を作らないと大変だろうと思います
 

最近では、7時頃にはもう保育園にいなければいけないという事もある
保育士さんにとっては、通勤を考えると、かなり早い時間に
起床して家を出てきているでしょうから
それに加えてお弁当を作って持ってくるというのはかなりつらいでしょうね。
 

昔に比べれば、コンビニがあるので、朝早い時間でも買い物には困らないので
昼食を買ってくる事ができますが、それが続くと結構お金がかかっちゃいますよね。
 
そう考えるとと、お弁当ではなく給食があという形の方が
子ども、親、保育士さんにとっても良いのではないでしょうか。

保育園の開園時間

幼稚園と保育園では、預かっていただいている時間が違いすぎると
感じる方は多いのではないでしょうか。
 

幼稚園は学校教育の延長線上にあると考えられているので
そのための教育施設で文部科学省の管轄になります。
 
それに対して、保育園は働く親のために子供を預かる施設と考えられ
厚生労働省の管轄になります。
 
教育の延長線、働く親のためと観点が異なるので、監督省庁も異なるのはいたしかたないのでしょうか・・・
 

そのため、保育園では働く親の事を考えて、強制ではないですが開所時間が長く設定
もしくは開園時間を長くするように指導しているようです。
 
児童福祉法で定められているのは原則として1日8時間(延長保育あり)になっていて
夏休みなどの長期休業なしというように定められています。
 

基本は午後5時までとなっていますが
延長保育は午後6時~7時くらいまでが多くなっています。
 
人口が多い都市部の私立保育園には午後8~10時まで預かってくれる
保育園も増えてきています。
 
逆に、幼稚園は学校教育の延長線上にあるという事から
学校教育法で原則として1日4時間が標準となっています。
 
中には預かり保育も可というところもありますが・・・
毎学年の教育週数は39週以上となっており
夏休みなどの長期休業もありと定められています。
 
基本は、午後4時まで、5時まで程度の所が多いのが実情です。
近年は午後6時~7時頃まで保育を行う園もあるようになりましたが
まだ、ごく一部に近い状態です。

 
最近では、預かり保育や幼保一元が勧められて
幼稚園の対応もちょっとずつですが進んではいるものの
働くお母さん(親)にとっては、保育園の方が
預かり時間が長く、援助体制が充実していると言わざるを得ません。