保育園の開園時間

幼稚園と保育園では、預かっていただいている時間が違いすぎると
感じる方は多いのではないでしょうか。
 

幼稚園は学校教育の延長線上にあると考えられているので
そのための教育施設で文部科学省の管轄になります。
 
それに対して、保育園は働く親のために子供を預かる施設と考えられ
厚生労働省の管轄になります。
 
教育の延長線、働く親のためと観点が異なるので、監督省庁も異なるのはいたしかたないのでしょうか・・・
 

そのため、保育園では働く親の事を考えて、強制ではないですが開所時間が長く設定
もしくは開園時間を長くするように指導しているようです。
 
児童福祉法で定められているのは原則として1日8時間(延長保育あり)になっていて
夏休みなどの長期休業なしというように定められています。
 

基本は午後5時までとなっていますが
延長保育は午後6時~7時くらいまでが多くなっています。
 
人口が多い都市部の私立保育園には午後8~10時まで預かってくれる
保育園も増えてきています。
 
逆に、幼稚園は学校教育の延長線上にあるという事から
学校教育法で原則として1日4時間が標準となっています。
 
中には預かり保育も可というところもありますが・・・
毎学年の教育週数は39週以上となっており
夏休みなどの長期休業もありと定められています。
 
基本は、午後4時まで、5時まで程度の所が多いのが実情です。
近年は午後6時~7時頃まで保育を行う園もあるようになりましたが
まだ、ごく一部に近い状態です。

 
最近では、預かり保育や幼保一元が勧められて
幼稚園の対応もちょっとずつですが進んではいるものの
働くお母さん(親)にとっては、保育園の方が
預かり時間が長く、援助体制が充実していると言わざるを得ません。